So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「反乱のボヤージュ」 [小説]

こんにちは。

「反乱のボヤージュ」が、集英社文庫のナツイチフェアにあわせて重版されることになりましたので、お知らせいたします。

無題.png

以前の文庫カバーは青空テイストでしたが、今回は、夕陽の色になり、全体的に温かみのある爽やかなものになりました。 若者たちの、成長と旅立ちを描いた作品のイメージに合う素敵なデザインだと思います。是非、この機会にお読みいただければと思います。

http://books.shueisha.co.jp/CGI/search/syousai_put.cgi?isbn_cd=4-08-747726-6&mode=1


2017-06-29 17:21  nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 3

コメント 4

さくら

私は、野沢さんの「反乱のボヤージュ」を見て、何かを感じたものです。
今はこのように何かに疑問を投げかけて心に余韻を残す、視聴者に考えさせるような作品はなかなか出てきません

表面的ななぞらえたような面白いドラマが頻発しています
野沢さんの存在は大きい
さびしいです

お願いがあるのですが、再放送をしてくれませんか
その際は、告知お願いしますね
by さくら (2018-03-19 15:15) 

野沢

さくら様

コメントありがとうございます。 本日(2018.4.12)のコメントに、今回お問い合わせの再放送リクエストに関することも併せてコメントさせていただきましたので、ご覧いただければと思います。

何年たっても、こうして覚えていて下さり、コメントをくださることに、大変感謝しております。ありがとうございます。
野沢尚もきっと喜んでいると思います。

by 野沢 (2018-04-12 17:14) 

Phil

月日の早さに呆然とするばかりです。
14年も過ぎてしまうなんて…

野沢さんの作品は10年以上、時代の先を進み過ぎていたように思います。
「破線のマリス」、「砦なき者」は当時はドラマの劇薬のようでした。
「破線のマリス」は乱歩賞を取ったのに、テレビ化はされませんでした。映画化の時も、ニュース用のスタジオを貸してくれるテレビ局が無かったことを、野沢さんのコメント(ドラマ誌)で読みました。
それが、最近民放のテレビ局で報道被害による復讐劇をテレビ局を舞台にした設定で放送された時は、時代は変わったな思うだけでなく、野沢さんが今の報道やニュースについて書いてくれたらという思いが強くありました。

昨日も「龍時 03-04」を読んでいて、リュウジは今どうしているのかなぁと想像するばかりです。




by Phil (2018-06-27 21:26) 

野沢

Philさま
コメントありがとうございました。
先日、14回目の命日を迎え、改めて月日の早さを実感しました。

そうですね、ドラマを取り巻く環境や価値観も随分変わったように思います。もし野沢が今も脚本を書いていたら…。どんなドラマ書くのか…。たまに想像してみますが分かりません。私が考えつくようなことの遥か未来を創造する人でしたから…。

「龍時」もずっと成長が止まったままで寂しいです。生前、野沢は、自分のライフワークとして龍時の一生を書き続けたいと言っていました。龍時がサッカー選手として終わったとしても、その後の人生も描きたいと言っていました。そう考えると本当に残念です。
折しもサッカーWカップシーズンですし、また「龍時」を読んでみたくなりました。

時折、気にかけてくださるコメント(優しさ)、本当に嬉しいです。ありがとうございます。



by 野沢 (2018-07-03 17:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証: 下の画像に表示されている文字を入力してください。

  ※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
 

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]